唐芋(とうのいも)/ TounoImo (Taro) ~~ (商品説明用/ For explanation)

¥ 999,999

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料800円が掛かります。

子・孫芋だけでなく、親芋も食べる種類の京野菜です。粘りのある粉質で、関東地方で一般的な品種「土垂」と違った味わいの、ホクホク感が楽しめます。
海老芋(えびいも)は、栽培の際に土寄せしてエビのように曲げたものを言い、同じ品種です。海老芋は手がかかる分、より高級品。
親芋を頭芋(かしらいも)と言い、京都では古くから正月元旦の縁起物として、雑煮の中に入れて食べる風習があります。人の上に立つ「頭(かしら)」になるようにという意味で、更にクワイと共に、芽が出た状態のものなので、「芽が出るように」という意味がこめられています。

It is a kind of Kyoto vegetables that eat not only children and grand roots, but also parent potatoes. It is sticky and fluffy, and you can enjoy a taste different from "Dodare" common Taro in the Kanto region.
Shrimp potato (ebiimo) is the same varieties, saying what they bent down like shrimp when cultivating. Shrimp potatoes is a higher maintenance, so more expensive.
Parent taro is called "Kashira imo" (sweet potato). "Kashira" means head, and also a head of organization. In Kyoto, it is served in "Zouni" for New Year's Day as a lucky good. In the sense that it will be "head (Kashira)" standing on a person, as the buds come out together with Kwai, the meaning "to make buds" is included.

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

ショップの評価